住まいの悩みは専門業者に依頼する〜トラブルハンターが問題解決〜

エアコンを綺麗にする

知らない内に汚れの巣窟になっているエアコンの中

花粉の季節に突入して、にわかにエアコンのフィルターの汚れが気になってくる人も多いはずですが、花粉症の季節に限らず、エアコンの内部は使用するうちに常に汚れをため込むものです。 汚れがたまるとエアコンから出る臭いが気になるだけでなく、カビ、ほこり、ダニなどといった汚れが室内を舞うことになるため、不衛生ですし、アレルギー症状のある人は発作の原因になる可能性もあります。 また、汚れがたまると運転効率が悪くなるため、電気代もかさんできます。エアコンに掛かる電気代は、ガス・電気併用の家でも1/4位を占めるとも言われていますので、ここは省エネのためにもエアコンクリーニングは心がけたいものです。 普段のエアコンクリーニングはフィルター部分を取り出して掃除機をかけたり、ブラシで洗ったりするだけでOK。ただし、季節の変わり目には、エアコン全体をすっきりクリーニングすることを考えたいものです。

自分で掃除するか、プロに頼むか

季節の変わり目に行うエアコンクリーニングは、フィルターだけでなく、ファンや冷却フィンなど中の方もクリーニングしたいところ。最近では、スプレー式のエアコンクリーニング用洗剤も売られていますので、購入してから月日が短いエアコンは、まずこれらを使って自分で掃除してみても良いでしょう。 ただし、使用年数の長いエアコンについては、やはりエアコンクリーニングのプロに依頼するのがおススメ。プロが行うエアコンクリーニングなら、高圧洗浄機などで、ファンや冷却フィンなど内部まで掃除してくれますし、素人では手が出せない室外機の掃除も可能です。 価格は業者によって6000円〜10000円/台の料金設定で、室外機も掃除する場合は2000円追加など、さまざま。複数のエアコンのクリーニングを依頼すれば、1台当たりのコストが下がる場合も多いようです。 エアコンクリーニングを外注するコストは、高いようにも思えますが、半年に一度掃除を頼んだとしても 1日あたり50〜60円のコスト。綺麗な空気を吸えることを考えると、必ずしも高額とは言えないのではないでしょうか。