住まいの悩みは専門業者に依頼する〜トラブルハンターが問題解決〜

和室の和

畳施工の金額傾向について

ある程度の年数が経過するとボロボロになってくるため畳替えを行いますが、使用状態によっては表替えと全面取り替える必要があります。畳の状況やその後の使用年数も考えて慎重に決める必要があるため、畳替え業者に相談し最適な方法を選ぶことができます。 表替えは畳の表面だけを取り替える作業であり、金額は3千円からありますが、選んだ素材や柄によっては高値になります。全面取り替えは畳を丸ごと取り替える必要があるため、様々な作業を行い施工していくので、1畳あたり数万円の費用が発生します。畳は製品によって耐久性が異なり、インテリアを一新できる設備でもあるので、安価から高値の商品まで幅広い価格帯が揃っているのが特徴です。

畳のある生活について

日本は高温多湿で四季があるため、畳はあらゆる天候や環境の変化に柔軟に対応できる万能な設備として効果を発揮しています。湿度が高い時は吸湿し不快感を和らげ、空気が乾燥している時は適度な湿気を出し部屋をちょうど良い環境にする事ができます。けれども近年は住宅様式の変化により、伝統的な木造建築から洋風建築に移行した事で、畳のある部屋が減少しています。これにより住宅の室内環境は以前と比べ変化し、湿気や乾燥は畳ではなくエアコン等の空調により調整するようになっています。 畳は畳替えをする事でいつまでも綺麗な状態を維持でき、畳替えによりニオイや質感を復活させることができます。良き日本の伝統が減少しつつありますが、近年はフローリングにも合うファッション畳も販売されているため、気軽に畳が楽しめるようになっています。